海洋散骨の委託をお考えの方。とにかく費用を抑えたい方のお手伝いをさせて頂きます。

Q&A

ホーム > Q&A > 竹製容器とはどんなものですか

竹製容器とはどんなものですか

竹製容器とはもともとクリーム容器で、外観は竹製ですが中はプラスチックになっています。
大きさは、直径4.3cm、高さ3.8cmです。
さんこつすたいるの手元供養品(標準付属)として、粉骨後のご遺骨の一部を入れてお返しする容器となります。

もともとクリーム容器なので軽量で密閉性が高く、水を入れて逆さまにしても漏れません。
そのため持ち運びや一緒にお出かけの際も安心です。

自然素材なのでインテリアにマッチし、外観からはまったくそれとわかりません。

<手元供養品 無料サービス>
1)内ブタ部分への名入れ
 容器の内ブタ部分に入れる故人様の愛称などを自由にご指定いただけます。(下図参照)
 お申込み後、ご遺骨返送時にご指定ください。

2)和柄台紙2枚
 手元供養品を置くための台紙(日本製手染め友禅和紙)を、手元供養品1つにつき2枚まで柄をお選びいただけます。

3)後から散骨
 「気持ちの整理がついた。でも自分で散骨は難しい。」
 そんな方は、弊社の手元供養品をお送りください。無料で海洋散骨させていただきます。
 ※送料はお客様のご負担とさせていただきます。


手元供養の本質は「唯一無二の形見となるご遺骨を少量でも残す」ということと、故人様を偲ぶ「気持ち」であると捉えております。
高価なミニ骨壺などと比較すると見劣りしてしまうかも知れませんが、仮保管・仮容器としてお考えの方も躊躇なくお選びいただけるよう、追加分も安価にてご提供させていただいております。
(別途100g程度の小分け真空パックにもできます。こちらは何パックでも無料です。)

お問い合わせcontact

ご相談・ご質問などお気軽にお寄せください(相談無料)

さんこつすたいる
〒960-2261
福島市町庭坂字富山84-14

050-3708-0352

受付
9:00~19:00(土日対応)

お問い合わせ・資料請求メールは24時間365日受付中